東京 青果 株式 会社。 会社概要 | 東京シティ青果株式会社

業界ランキング

青果 会社 東京 株式 青果 会社 東京 株式

提携による農産物流通事業におけるシナジー効果について、両社では以下のようにコメントしている。 東京シティの20年3月期の売上高は約820億円と青果卸4位。

5
グループ会社 [ ]• 東京シティ商事株式会社 旧グループ会社 [ ]• これにともない東京中央青果株式会社が発足。 市場の管理運営上は豊洲市場青果部の入場卸売会社は同社と、東京中央漬物㈱(漬物類)、東京中央鳥卵(鶏肉及び鶏卵類)を併せた3社である。

東京神田青果市場株式会社

青果 会社 東京 株式 青果 会社 東京 株式

の青果卸売会社で()に次ぐ2位の取扱高を誇り、妻物類の取扱いは全国一。 会社概要 社名 東京千住青果株式会社 所在地 【本社】東京都中央卸売市場北足立市場 〒121-8588 東京都足立区入谷6-3-1 TEL:03-3857-7000(代表) FAX:03-3857-7157 【葛西支社】東京都中央卸売市場葛西市場 〒134-0086 東京都江戸川区臨海町3-4-1 TEL:03-3878-2501(代表) FAX:03-3878-2547 【東葛支社】松戸市公設地方卸売市場南部市場 〒270-2241 千葉県松戸市松戸新田54 TEL:047-361-0113(代表) FAX:047-361-0187 【越谷市場】越谷総合食品地方卸売市場 〒343-0824 埼玉県越谷市流通団地3-2-1 TEL:048-987-1610(代表) FAX:048-987-1624 設立 昭和22年(1947年)5月20日 資本金 3億3700万円 従業員数 156名 代表者 代表取締役社長 岩澤 均 事業内容 国内外の青果物(野菜・果実・加工品)の集荷 受託販売及び買付・卸売業 青果物(野菜・果物・加工品)の流通・販売プロデュース業 TEL 03-3857-7000 主要取引銀行 【本社】 みずほ銀行 三ノ輪支店 農林中央金庫 本店 三菱UFJ銀行 葛西支店 三菱UFJ信託銀行 本店 城北信用金庫 西新井支店 【葛西支社】 みずほ銀行 西葛西支店 農林中央金庫 本店 三菱UFJ銀行 葛西支店 城西信用金庫 深川支店 【東葛支社】 みずほ銀行 松戸支店 三菱UFJ銀行 松戸支店 売上高 688億円(令和2年3月期) 役員名 代表取締役社長 岩澤 均 専務取締役 (管理部門担当) 及川 繁 専務取締役 (葛西支社長) 清野 静作 常務取締役 (本社果実第二部・果実第三部担当) 髙橋 清二 常務取締役 (東葛支社長兼本社野菜第二部担当) 松本 正徳 取締役 (葛西支社長代理) 明平 国郁 取締役 (本社野菜第一部担当) 湯浅 克明 取締役 (本社果実第一部担当) 安田 直樹 取締役 (東葛支社長代理) 伊藤 友一 取締役 (本社果実第一部担当) 八島 明 取締役相談役 武井 喜一 常勤監査役 中西 敏明• 株式非上場。 概要 [ ] (昭和22年)創業の青果物卸売の業界最大手。

通称 東一。 (平成27年)2月 - 東一川崎中央青果 株 が川崎市地方卸売市場南部市場青果卸業から撤退。

神明HDが東京中央青果と資本提携|日本農民新聞社

青果 会社 東京 株式 青果 会社 東京 株式

関連会社紹介 会社名 株式会社丁浩 所在地 〒143-0001 東京都大田区東海3-2-6 事業内容 青果物および加工品の受託販売並びに購入販売 設立日 平成1年4月 会社名 株式会社マルモト 所在地 〒143-0001 東京都大田区東海3-8-2 TSKビル4階 TEL:03-5492-3857 FAX:03-5492-3880 代表者 代表取締役 小泉 博 事業内容 青果物および加工品の受託販売並びに購入販売 設立日 昭和48年10月 会社名 株式会社サンオオタ 所在地 〒143-0001 東京都大田区東海3-2-6 TEL:03-3799-0980(代表) FAX:03-3799-0982(代表) 代表者 代表取締役 加藤 貴之 事業内容 青果物および加工品の受託販売並びに購入販売 設立日 昭和60年4月 会社名 有限会社かねたか 所在地 〒135-0061 東京都江東区豊洲6-3-1 豊洲市場5街区青果棟1階北一通 ち-04 TEL:03-6633-9455(代表) FAX:03-6633-9466(代表) 代表者 代表取締役 坂内 達也 事業内容 青果物および加工品の受託販売並びに購入販売 設立日 平成27年10月 会社名 一般社団法人ChefooDo 所在地 〒104-0045 東京都中央区築地3-13-5 丸促築地ビル7階 TEL:03-6273-0466(代表) FAX:03-6273-0876(代表) 代表者 理事長 大竹 康弘 事業内容 1. (山路 進). 脚注 [ ]• 東一川崎中央青果株式会社(神奈川県川崎市・卸売会社)•。 この日、神戸市内で会見した神明HDの藤尾益雄社長は「国内青果市場は3兆円とコメの2倍。

2
(平成25年)10月 - 昭島市場閉場に伴い、東一西東京青果 株 、カ印川崎中央青果 株 が合併し、東一川崎中央青果 株 を新設• 社名 東京新宿ベジフル株式会社 設立 平成17年6月1日 代表者 代表取締役社長 遠藤 貢司 代表取締役専務 小島 和宏 資本金 3億7500万円 従業員数 237名 所在地 本 社 〒169-0074 東京都新宿区北新宿4丁目2番1号 東京都中央卸売市場淀橋市場 TEL:03-5925-5600 管理部 FAX:03-5925-5618 管理部 練馬支店 〒177-0033 東京都練馬区高野台2丁目1番18号 東京都練馬青果地方卸売市場べじふるセンター練馬 TEL:03-3997-3111 代表 FAX:03-3997-3103 川越支店 〒350-1168 埼玉県川越市大字大袋650番地 埼玉川越総合地方卸売市場 TEL:049-240-2000 代表 FAX:049-240-2037 業務内容 青果物卸売業 主な産地取引先 全国農業協同組合連合会 日本園芸農業協同組合連合会 各都道府県JA スーパー・量販店等 業務提携先 株 ケーアイ・フレッシュアクセス 関連会社 ベジフルフード株式会社 東京新宿ベジフル世田谷株式会社 取引銀行 三菱東京UFJ銀行 大久保支店 三井住友銀行 新宿支店 農林中央金庫 本店 株式会社商工組合中央金庫 新宿支店 みずほ銀行 新宿支店 りそな銀行 新都心営業部. マルカ千葉県柏中央青果(2017年4月より卸売業務は東京シティ青果千葉支社に営業譲渡、同年9月に清算終了し法人閉鎖。 東一宇都宮青果株式会社(栃木県宇都宮市・卸売会社)• (昭和50年)2月 - 東一栃木青果㈱設立• (昭和26年)1月 - 貿易部新設• これを実施するにあたり、提携推進プロジェクト立上げを行い、必要に応じて人材交流などを実施する予定。

東京神田青果市場株式会社

青果 会社 東京 株式 青果 会社 東京 株式

概要 [ ] 2002年にいずれも築地市場の青果部で荷受業務をしていた東京中央青果株式会社(通称:丸果)と、同業の東京築地青果株式会社(通称:丸二)の事業部門を統合して新規設立された。 (昭和43年)6月 - 昭島市場開場に伴い東一西東京青果 株 入場• (平成30年)10月11日 - 築地市場がに移転するのに伴い本社移転。

3
ホテルやレストランなど業務用の販売を得意とするシティ青果は、新型コロナウイルス感染症の影響による厳しい事業環境がしばらく続く見通しであるため、最新設備を活かした食品スーパーなどの量販店取引や業務・加工用取引の強化など、早急に営業体制の強化に取り組む必要があること、一方で、神戸が発祥である神明は、関西圏に比べると首都圏における認知度は高くなく、首都圏における青果流通事業の基盤が乏しいため、関西において取り組みを始めている農産物の仕入と販売における、米穀事業と青果事業のグループシナジーが発揮できない状況にある。

会社案内

青果 会社 東京 株式 青果 会社 東京 株式

東京築地青果株式会社創立。 (平成24年)10月 - 東一栃木青果と宇印宇都宮青果が合併して東一宇都宮青果を新設。 東光商事株式会社 東京都大田区• なお、シティ青果設立時における東京中央青果の持ち分は69%だったが、今年11月に東京築地青果の持ち分31%を買い取り、現在は100%となっている。

14
日本の農業を守るため、コメの消費減退に歯止めをかけるのはもちろん、青果の取り扱いにも力を入れたい」と話した。

会社概要

青果 会社 東京 株式 青果 会社 東京 株式

近年では産地から市場、店舗のバックヤード、売場、調理場までの低温管理の仕組みづくりのために、大田市場北口で保冷機能の整った立体荷捌き施設 子会社の大田市場ロジスティクスセンターが運営 を造り、量販店向けに出荷する仲卸業者に貸出という事も行っている。 (平成16年)10月 - 秋葉原 東京都千代田区神田練塀町 にAKSビル完成• 市場情報 非上場 略称 東一 本社所在地 〒143-0001 3-2-1 設立 (22年) 事業内容 日本国内外の青果物およびその加工品の購入販売、ならびに販売の受託 代表者 川田一光() 資本金 4億7800万円 売上高 単独・1966億8409万円 連結・2329億8092万円 (2016年3月期) 従業員数 515名(単社・2017年4月1日現在 ) 主要株主 東京促成青果 14. 商号 東京シティ青果株式会社 TOKYO CITY SEIKA CO. また、青果物を通した消費者の健康推進を目指すベジフルセブン運動、他メーカーと共同開発した青果用通い容器の普及にも取り組んでいる。

8
グループ全体の経営企画、経営管理を行っており、現在のグループ全体の売上高は約3千億円。 6億円(2017年3月期) 社員数 87名(2020年4月1日現在 役職員・非常勤・嘱託を含む) 役員 代表取締役 社長 山屋 美智子 代表取締役 副社長 木村 泰秀 専務取締役 酒井 敏夫 常務取締役 菅井 政志 取締役 寺嶋 高見 (兼 野菜第2事業部長) 取締役 山下 勝利 (兼 果実第1事業部長) 取締役 福田 和雄 (社外取締役) 監査役 戸塚 健彦 (社外監査役) 事業内容 1 青果物並びにその加工品の購入販売及び販売の受託 2 青果物及びその加工品の輸出入 3 不動産の賃貸借 4 前各号に付帯する一切の業務 取引銀行 みずほ銀行 農林中央金庫 興産信用金庫 三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行. 1980年(昭和55年) 本社を静岡市駿河区大和に移設 社名を「田形青果」と改称 カット野菜加工を開始 1989年(平成元年) 株式会社に改組、社名を「田形青果株式会社」に改称 代表取締役に田形春雄 就任 1995年(平成7年) 静岡市駿河区用宗小石町に用宗工場を開設 2002年(平成14年) 会長に田形春雄 就任 代表取締役社長に田形文秀 就任 2004年(平成16年) 静岡市駿河区青木に青木工場を開設 2005年(平成17年) 静岡市駿河区用宗に第2工場を開設 2013年(平成25年) 静岡市駿河区用宗に第3工場を開設. ㈱神明ホールディングス(藤尾益雄社長)は4日、東京シティ青果㈱の親会社である東京中央青果㈱(鈴木敏行社長)と資本業務提携を行うことを発表した。

会社概要 — 東京多摩青果株式会社

青果 会社 東京 株式 青果 会社 東京 株式

「卸売市場を通じた青果流通事業において、両社を合わせた売上は1300億円近くとなり、東京青果グループ、R&Cホールディングスグループに次ぐ全国第3位グループとなり、集荷や販売における規模のメリットが期待できる」「名門の青果卸と民間最大手コメ卸が組むことによって、産地(出荷者)や販売先からの注目や期待が高まることが予想され、豊洲市場及び柏市場において、仲卸や買参人を通じた取引の拡大、市場の活性化につながることが期待できる」「シティ青果と東果との間で、営業に関する情報共有にとどまらず、輸入青果物事業、システムの活用による利益管理、働き方改革につながる労務管理、直営店舗運営など、営業や管理におけるお互いのノウハウを共有できる」「約1年後に成田空港隣接地に移転開業する予定の、成田市公設地方卸売市場との『新市場間連携』により、シティ青果と成田青果との間で、青果物輸出入事業の拡大が期待できる」。

1
沿革 [ ]• グループ会社 [ ]• 青果物の取扱高が全国3500社のうち1位を誇る。 (昭和44年)4月 - 八ヶ崎に松戸市営青果市場本場(のちの松戸市公設地方卸売市場北部市場)が開場し、東京中央青果子会社の千葉県中央青果株式会社が発足(のちの東京中央青果千葉支社)。

ひょうご経済+|経済|神明HD、東京の青果卸と提携 業界3位の規模に

青果 会社 東京 株式 青果 会社 東京 株式

農産物、畜産物、生鮮食品、保存食品、加工食品の卸及び販売 2. (昭和22年)5月 - 東印東京青果株式会社、東京丸一青果株式会社設立• (平成29年)4月 - 松戸北部市場閉場に伴い千葉支社をの公設地方卸売市場に移転。

2
取得予定額は約15億円。

会社案内

青果 会社 東京 株式 青果 会社 東京 株式

などしてくださる()。

20
同場内で青果卸売を営んでいたグループ会社のマルカ千葉県柏中央青果株式会社(通称:柏丸果)の事業を移譲統合して千葉支社柏市場が発足。 (平成18年)10月 - 産地開発室新設• 株式会社新和• 今回の資本提携の背景には、東京中央青果と神明における農産物流通事業の課題があげられている。