独立 行政 法人 水 資源 機構。 独立行政法人水資源機構健康保険組合

独立行政法人水資源機構法|条文|法令リード

水 機構 独立 行政 法人 資源 水 機構 独立 行政 法人 資源

特に四国・瀬戸内地域では、への導水を図るの完成や愛媛分水(分水)といった住民の宿願を実現する事業が完成し、現在もや、の供給に大きな役割を担っている。 )並びに同法第32条、第39条及び第54条の改正規定に限る。

第四節 財務及び会計 (積立金の処分) 第三十一条 機構は、通則法第二十九条第二項第一号に規定する中期目標の期間(以下この項において「中期目標の期間」という。 折からに突入する事もあって、やなどの大都市圏はやなどの「」の拡大とあいまって集中的・加速度的な人口増加が将来的にも見込まれた事から、系統的かつ安定的な水供給が可能な河川総合開発の必要性が生じた。

水資源機構

水 機構 独立 行政 法人 資源 水 機構 独立 行政 法人 資源

5.入札・契約に関する取組• 女性活躍支援リーダー• 21 施行• (協議) 第三十八条 国土交通大臣は、次の場合には、あらかじめ、主務大臣(国土交通大臣を除く。 )における主務大臣は、国土交通大臣とする。

10
3 前項の規定により国が承継する資産の範囲その他当該資産の国への承継に関し必要な事項は、政令で定める。 (大深度地下の公共的使用に関する特別措置法の一部改正) 第二十五条 大深度地下の公共的使用に関する特別措置法(平成十二年法律第八十七号)の一部を次のように改正する。

調達結果等の情報:水資源機構

水 機構 独立 行政 法人 資源 水 機構 独立 行政 法人 資源

別表第一水資源開発公団法(昭和三十六年法律第二百十八号)の項を削り、同表に次のように加える。 )の新築又は改築に関する事業を廃止するときは、当該水資源開発施設を利用して流水を水道又は工業用水道の用に供しようとしていた者に、政令で定めるところにより、事業の廃止までに当該水資源開発施設の新築又は改築に要した費用(事業の廃止に伴い追加的に必要となる費用を含む。 附則第三十一項中「水資源開発公団法附則第九条第一項若しくは第十条第一項」を「旧水公団法附則第九条第一項若しくは第十条第一項、独立行政法人水資源機構法附則第五条第一項」に改める。

9
国際グループ 支社・事業所 [ ]• 広報課• 0 61,000 ロックフィル 1973 1996 建設省より移管 木曽川 阿木川 - - 101. 第二十四条第二項中「、水資源開発公団」を削る。

水資源機構 電子入札ポータルサイト

水 機構 独立 行政 法人 資源 水 機構 独立 行政 法人 資源

附則第三十二項中「水資源開発公団法附則第九条第一項若しくは第十条第一項」を「旧水公団法附則第十条第一項、独立行政法人水資源機構法附則第五条第一項」に改める。 7 前項の資産の価額は、機構の成立の日現在における時価を基準として評価委員が評価した価額とする。 6 機構は、事業実施計画に基づく事業を廃止しようとするときは、政令で定めるところにより、関係都道府県知事に協議するとともに、主務大臣の認可を受けて、当該事業実施計画を廃止しなければならない。

10
の指定を受けるダムも多く、事業の長期化しているダムは数多い。

独立行政法人水資源機構の業務運営に関する省令

水 機構 独立 行政 法人 資源 水 機構 独立 行政 法人 資源

経営企画部• 二 第十二条に規定する業務以外の業務を行ったとき。 (施設管理規程) 第十六条 機構は、水資源開発施設について第十二条第一項第二号の業務を行おうとする場合においては、施設管理規程を作成し、関係都道府県知事(操作を伴う特定施設で政令で定めるもの(以下「操作特定施設」という。

17
直近の募集・採用情報 参考までに、2020年上半期に募集のあった職種をご紹介します。

水資源機構

水 機構 独立 行政 法人 資源 水 機構 独立 行政 法人 資源

2 都道府県知事又は機構は、前項の規定により督促をするときは、納付義務者に対し督促状を発する。

10
)、第131条 (大都市地域における住宅及び住宅地の供給の促進に関する特別措置法第100条の改正規定に限る。

独立行政法人水資源機構法

水 機構 独立 行政 法人 資源 水 機構 独立 行政 法人 資源

二 第三十一条第三項の規定により国土交通省令を定めようとするとき。

11
以下「旧水公団法」という。

独立行政法人水資源機構健康保険組合

水 機構 独立 行政 法人 資源 水 機構 独立 行政 法人 資源

)について保証することができる。

)のうち、水資源開発基本計画に基づき機構が引き継いで行うべきであると認めるものについては、機構に対し、その実施を求めることができる。 )附則第九条第一項若しくは第十条第一項、独立行政法人水資源機構法附則第五条第一項」に、「(水資源開発公団法」を「(旧水公団法」に、「法第二条第二項第五号に掲げる事業(同条第三項」を「旧水公団法第十八条第一項第一号及び第二号に掲げる事業(法第二条第三項」に、「で水資源開発公団法」を「で旧水公団法」に改める。