Agc 横浜 テクニカル センター。 AGC新研究開発棟内オープンイノベーション空間「AO」にガラスから音を出す加振器「Vibtone」採用のお知らせ|オンキヨーホームエンターテイメント株式会社のプレスリリース

CFRP製造技術でカスタム自転車に参入、航空宇宙・自動車向けはAGCなどと展開 (1/2)

横浜 テクニカル センター agc 横浜 テクニカル センター agc

特に、LED化に関しては、昨今の水銀事情、PCB処理事情も併せて環境負荷の観点からも考慮して加速化し、2021年には100%LED化を目指しています。 増えているとはいえ、そもそもCFRPを扱える3Dプリンター自体がまだ少ないうえ、その多くは短繊維と熱可塑性樹脂の組み合わせしか使えない。

この研修は、回転物への挟まれ・巻き込まれ、感電などの労働災害を自ら疑似体験することで、安全意識を高め、労働災害に結び付く行動をなくすことを目的としています。

AGCが新研究開発棟でオープンイノベーションを加速、JAIDとのコラボも進行中 (1/3)

横浜 テクニカル センター agc 横浜 テクニカル センター agc

【主な工事実績】 令和元年度 横浜市建築保全公社 末吉消防出張所照明設備その他改修工事 横浜市建築局 クリーンセンター改修工事(電気設備工事) 平成30年度 神奈川県 横浜北部方面特別支援学校校舎棟新築工事・体育館改修工事(電気) 横浜市建築保全公社 こども自然公園青少年野外活動センター自動火災報知設備その他改修工事 横浜市建築保全公社 金沢高等学校卓球場照明改修工事 平成29年度 横浜市建築保全公社 南日吉保育園太陽光設備その他工事 平成28年度 横浜市建築保全公社 平成27年度 横浜市建築保全公社 中央卸売市場本場青果棟ほか1棟照明器具改修工事 横浜市建築局 北部第二水再生センター特別高圧受変電棟等改築工事(電気設備工事) 横浜市建築局 横浜ヘリポート格納庫改築工事(電気設備工事 横浜市建築局 市場小学校増築その他工事(電気設備工事) 横浜市建築局 旧神奈川労働基準局耐震補強等工事(電気設備工事) 旭硝子㈱ AGC横浜テクニカルセンター内電気設備・消防設備工事 旭硝子㈱ 中央研究所内電気設備・消防設備工事 旭硝子㈱ 相模工場内電気設備・消防設備工事 旭硝子㈱ 千葉工場内消防設備工事 旭硝子㈱ 鹿島工場内電気設備工事 AGCエレクトロニクス㈱ 郡山工場内電気設備・消防設備工事 ATSC㈱ 海外向けガラス製造機械内電気設備工事 シーメンスヘルスケア㈱ 自治医科大学附属病院装置用電源設置工事 JFEコンフォーム㈱ 神奈川リハビリセンター検査装置電源設置工事 グローブシップ㈱ 日本発条㈱シート工場電気設備工事 平成26年度 横浜市建築保全公社 山内ふ頭上屋自動火災報知設備改修工事(その2) 横浜市建築保全公社 総合保険医療センター直流電源設備改修工事 横浜市住宅供給公社 市営鴨志田住宅1~6号棟 電灯幹線改修工事 横浜市建築局 北部第二給水維持課増築・改修工事 電気設備工事) 旭硝子㈱ AGC横浜テクニカルセンター内電気設備・消防設備工事 旭硝子㈱ 中央研究所内電気設備・消防設備工事 旭硝子㈱ 相模工場内電気設備・消防設備工事 旭硝子㈱ 千葉工場内消防設備工事 旭硝子㈱ 鹿島工場内電気設備工事 AGCエレクトロニクス㈱ 郡山工場内電気設備・消防設備工事 ATSC㈱ 海外向けガラス製造機械内電気設備工事 ㈱テクノ菱和 特別養護老人ホーム戸塚原宿苑新築工事(電気設備工事) 平成25年度 横浜市建築局 末吉小学校他4校空調設備その他工事(電気設工事) 横浜市建築局 鶴見保育園耐震補強その他工事(電気設備工事) 横浜市建築局 緑スポーツセンター照明設備更新工事 旭硝子㈱ 中央研究所内電気設備・消防設備工事 旭硝子㈱ 相模工場内電気設備・消防設備工事 旭硝子㈱ 千葉工場内消防設備工事 旭硝子㈱ 鹿島工場内電気設備工事 ATSC㈱ 海外向けガラス製造機械内電気設備工事 平成24年度 横浜市建築局 新羽中学校エコ改修工事(電気設備工事) 横浜市港埠頭公社 (大黒・本牧)ヤード照明安定器補修工事 横浜市建築保全公社 不動丸小学校他5校プール循環ポンプ制御盤改修工事 旭硝子㈱ AGC横浜テクニカルセンター内電気設備・消防設備工事 旭硝子㈱ 中央研究所内電気設備・消防設備工事 旭硝子㈱ 相模工場内電気設備・消防設備工事 旭硝子㈱ 千葉工場内消防設備工事 旭硝子㈱ 鹿島工場内電気設備工事 AGCエレクトロニクス㈱ 郡山工場内電気設備工事・消防設備工事 ATSC㈱ 海外向けガラス製造機械内電気設備工事 平成23年度 関東運輸局 川崎自動車検査登録事務所自家用電気工作更新工事 横浜市建築局 アレルギーセンター跡施設整備工事(電気設備工事) 旭硝子㈱ AGC横浜テクニカルセンター内電気設備・消防設備工事 旭硝子㈱ 中央研究所内電気設備・消防設備工事 旭硝子㈱ 相模工場内電気設備・消防設備工事 旭硝子㈱ 千葉工場内消防設備工事 旭硝子㈱ 鹿島工場内電気設備工事 AGCエレクトロニクス㈱ 郡山工場内電気設備工事・消防設備工事 AGCテクノグラス㈱ ATG中山工場内電気設備工事 ATSC㈱ 海外向けガラス製造機械内電気設備工事. 平井良典専務執行役員CTO(最高技術責任者)は、「化学実験もバイオ実験でも、まず計算機上でシミュレーションをしたうえで実験室での実験に取り組んでいる。

2
AGC 代表取締役 兼 専務執行役員CTOの平井良典氏は「AGCは1907年の創業時に板ガラスの国産化に初めて成功した後も、自動車やテレビなどの民生機器、PCやスマートフォンなどのIT機器といったリーディング産業向けにガラスをはじめとする材料を提供してきた。 省エネ活動では、その他に、不要な照明消灯やエアコンの温度設定などの一般的な施策はもちろん、蛍光灯や水銀灯のLED化、さまざまな設備におけるモーターのインバーター制御化、稼働状況の変化に応じた不要設備の停止など、One Team 横浜を唱えて拠点全体でアイデアを出し合って省エネに取り組んでいます。

CFRP製造技術でカスタム自転車に参入、航空宇宙・自動車向けはAGCなどと展開 (1/2)

横浜 テクニカル センター agc 横浜 テクニカル センター agc

AGCの長期経営戦略はコア事業と戦略事業から成り(左)、戦略事業が成長エンジンの位置付けになっている(右)(クリックで拡大) 出典:AGC AGCは1955年に中央研究所を開設して以降、自社での研究開発に注力してきた。 基礎研究と材料開発を担っていた中央研究所(横浜市神奈川区)の機能と人員も、ここに集約する。

2
AGCの研究開発に携わる社員と約1年間、アイデアを出し合い、その成果として2021年2月2日から4月17日まで、展示会「8. 現在は一部稼働している。

AGC、自前開発からの脱却

横浜 テクニカル センター agc 横浜 テクニカル センター agc

冒頭で紹介したトヨタの例は、最も分かりやすい取り組みだ。 繊維の長い炭素繊維(長繊維)に樹脂を含浸させたシート状の材料(プリプレグ)を、型に合わせて形を整え、高温・高圧環境下で樹脂を硬化させて成形する。 そこで、オープンイノベーションにより外部との協業も組み合わせてスピードを上げる取り組みを強化している。

19
羽沢と鶴見は距離的にも近いが、それでも場所が離れていることでギャップが生じる。 自動車や航空機などのモビリティ分野で、AQUAのような3Dプリンターで扱えるCFRPが今後幅広く使われる素材になるとみている。

AGC横浜テクニカルセンター(旧京浜工場) | CSR | AGC

横浜 テクニカル センター agc 横浜 テクニカル センター agc

自前主義からオープンイノベーションへの移行が必須になる」と強調する。

18
現在横浜に2つある研究所をここに集約する計画だ。 熱中症予防セミナーを開催 2016年のAGC横浜テクニカルセンター創業100周年をきっかけに、ガラスの授業・工場見学を毎年実施しており、2019年は10月と11月に実施しました。

AGC、自前開発からの脱却

横浜 テクニカル センター agc 横浜 テクニカル センター agc

AGCではCFRP関連の取り組みとして、フッ素樹脂を用いた「熱可塑性炭素繊維強化プラスチック(CFRTP)改良技術」などの技術開発は進めているが、戦略領域と位置付けるモビリティ分野でCFRP素材を本格導入したケースはないという。 。

YTCにAGCの研究開発機能を集約するとともに、社内外の協創を推進するスペースを併設することでオープンイノベーションも加速させたい考えだ。 編集部が選ぶ関連記事• デジタルツインで成形の様子などもリアルタイムで示すことができる(クリックで拡大) モビリティ向けでCFRPに期待するAGC Arevoのこれらの技術的なポテンシャルは高い評価を受け、世界中の多くの企業から出資を集めている。

AGC横浜テクニカルセンター(旧京浜工場) | CSR | AGC

横浜 テクニカル センター agc 横浜 テクニカル センター agc

CFRPは既に航空機や自動車で使われているがそのほとんどは熱硬化性樹脂を母材とするタイプ。

17
また、歴史のある板ガラス製造ラインとして、2001年には日本初の「全酸素燃焼法」を導入することにより、環境負荷の削減とCO 2排出削減を行ないました。 協創相手をAOに呼び込み、研究開発から製品化までのスピードを加速させようとしている。

協創空間でトヨタ社員がお出迎え?AGC新研究所の素材開発最前線を写真で追う

横浜 テクニカル センター agc 横浜 テクニカル センター agc

ガラスの素材の違いでどう見えるかをシミュレーションする装置。 「これらが今後コア事業となったときの、次なる戦略事業の柱を創出することが研究開発部門の命題である」(平井氏)という。 既にマーケティング向けサンプルは生産できる体制が整っており、航空機関連メーカーや自動車メーカーなどに向けて、提案を進めているという。

14
当初2020年6月頃の本格稼働を予定していたが、新型コロナ禍などの影響で遅れ、本格稼働は2021年半ばの見込み。 AGCの平井良典氏 新研究開発棟の最大の特徴になるのが、オープンイノベーションを加速させるAOの開設になるだろう。