日本 共産党 ホームページ。 日本共産党 恵那地区委員会 ( にほんきょうさんとう えなちくいいんかい)

お問い合わせ/日本共産党大阪府委員会

ホームページ 日本 共産党 ホームページ 日本 共産党

太陽光発電による乱開発 「若者の未来に希望を」党は温室効果ガスの発生を促進する化石燃料に代わり再生可能エネルギーの活用を26回大会で決定、政策の柱としてきました。 民主主義革命論を歴史的に解明。

第2回 1月11日 『賃金、価格および利潤』(2) 資本家の儲けはどこから生まれるのか? 資本主義の搾取の秘密を解く。

日本共産党東京都議会議員団

ホームページ 日本 共産党 ホームページ 日本 共産党

「原発列島」化への歴史のなぞときも。 「利潤第一主義」が日本の原発推進政策と安全神話を後押ししてきた。 講師:志位和夫委員長 第1回 12月21日 戦前の日本社会と日本共産党(1) 日本共産党員が熱心に綱領を学習するのはどうしてか(他の政党との対比で)。

2
つどい 若者を中心に「とーくフェス」(4回)を企画。

日本共産党幹部会委員長 衆議院議員 志位和夫のホームページ

ホームページ 日本 共産党 ホームページ 日本 共産党

第27回地区党大会の活動 野党共闘から野党連合政権構想へのとりくみ 5年前から始まった野党共闘は豊かに成長しています。 「過渡期論」の解明も新しい。

今年に入ってからは「改憲発議に反対する全国緊急署名」 93 を中心に総理大臣による改憲発議という民主主義を無視した違法行為を許さない署名をはじめました。

綱領・古典の連続教室|日本共産党

ホームページ 日本 共産党 ホームページ 日本 共産党

その前半の、資本主義が発展し矛盾が激しくなって没落するまでを、資本主義の根本の法則と矛盾を通して学ぶのが、この回のテーマ。 各野党と市民が合意できる政策つくりに重点を置くとともに候補者擁立の話し合いをすすめます。 そして日本共産党綱領がめざす民主連合政府の実現が「多数者革命の現代版」となることを明らかにする。

2
4月から無償化の対象拡大!• 山口トンネルの崩落、恵那市での許可無き測量問題、瑞浪市での放射性残土問題など様々な住民不安に適切な説明をするでもなくすすめられています。 地域医療を守る運動 「坂下病院を守る会」とともに活動を続けています。

日本共産党ホームページ

ホームページ 日本 共産党 ホームページ 日本 共産党

小説『坂の上の雲』にもふれて。 「働かせ方改革」は労働者の権利と暮らしを壊しつつあります。 第11回 1月24日 エンゲルス『「フランスにおける階級闘争」への序文』 第2回 革命権はあらゆる近代国家の基礎であることを、日本の歴史にもふれて語る。

対等平等の日米友好条約を締ぶ課題ではアメリカ民主主義の歴史への尊敬を語り、マルクスとリンカーンをめぐる秘話も明らかに。 武市敬副知事が応対し、「緊急のご要望ということで、あらためて安全確保を第一に、すみやかに関係者に伝えます」と答えました。

綱領・古典の連続教室|日本共産党

ホームページ 日本 共産党 ホームページ 日本 共産党

働く者の権利を守る労働組合は組織率の低下で要求実現のための戦いができない状況です。 党と大衆運動の橋渡し役として革新懇中津川・恵那の活動を強化しましょう。

労働者が権利をまもる「社会的バリケード」(社会的ルール)をかちとる大切さをつかむ。 生まれている「一点共闘」を重層的に発展させると同時に、民主的改革の目標での多数派を形成する上での革新懇運動の役割、強く大きな党づくりの意義を強調。

日本共産党東京都議会議員団

ホームページ 日本 共産党 ホームページ 日本 共産党

他にも医療問題に焦点を絞ったアンケートも実施し地域の問題などを市民と語り合いました。 第8回 10月4日 エンゲルス『空想から科学へ』 第3回 第3章では、資本主義が社会主義にすすむ必然性が語られている。

11
新着情報. 第9回 11月1日 エンゲルス『空想から科学へ』 第4回 第3章の後半部分およびマルクス、エンゲルスの諸文献で、社会主義論の原点を学ぶ。

お問い合わせ/日本共産党大阪府委員会

ホームページ 日本 共産党 ホームページ 日本 共産党

「商品の価値」を現代の正規労働者と非正規労働者の例もあげて話すなど、商品経済社会の法則を語る。 アンケート、署名、対市要望などで市に交渉をしてきましたが聞き入れられませんでした。 異常な対米従属は今日どこまで来ているか。

1
国連憲章にもとづく平和の国際秩序、核廃絶めざす歴史とNPTをめぐる変化を、自らの外交活動をふまえて語る。

日本共産党東京都議会議員団

ホームページ 日本 共産党 ホームページ 日本 共産党

キーワード : 『日本共産党ホームページ』の関連ニュース• 1848年革命とボナパルト帝政、パリ・コミューン、ドイツの党の選挙・議会闘争での前進など政治的諸事件と、時代背景=産業革命後の資本主義発展と労働者階級の成長が説明される。 エジプト、チュニジアなど中東の民主的変革のうねりをどう見ているか、三つの角度から明快に表明。

救急外来・入院施設などの喪失により医療の要としての機能が維持できなくなっています。 07 ]• 天皇問題での認識と対応の前進を指摘、民主主義革命の課題が憲法の条項の厳格な実施にあり、主権在民に反する逸脱は許さないと表明。