弘 南 鉄道 黒石 線。 2021初詣(弘前・大鰐・平川・黒石)|青森弘前:弘南鉄道株式会社

弘南鉄道 弘南線

南 黒石 弘 線 鉄道 南 黒石 弘 線 鉄道

これは転換特定地方交通線の廃止第1号であった。 1984年(昭和59年)11月1日 日本国有鉄道黒石線が弘南鉄道に転換。 15時• 多くが田園地帯の中を行く弘南線ですが、平賀、津軽尾上、田舎館など集落のある駅では多くの方が下車しました。

18 16:21) 空路名古屋へ 本日は青森空港から飛行機で名古屋へ帰宅します。

弘南鉄道黒石線

南 黒石 弘 線 鉄道 南 黒石 弘 線 鉄道

搭乗した便も月曜日ながらほぼ満席で、増便されるもの頷けます。 やがて平賀に到着しました。

(神戸大学附属図書館新聞記事文庫)• 18:10 発 18:46 着• 駅名標。 路盤の跡は大きく削られて、2車線の道路になろうとしていた。

黒石線

南 黒石 弘 線 鉄道 南 黒石 弘 線 鉄道

まぁ中途半端に遊歩道にされるよりはましか…。

川部駅北側の踏切上より、川部駅を眺める 奥羽本線の踏切を渡り、旧黒石線との分岐点付近まで進みましたが、これだけの雪ではとても線路跡の上を歩くことなど無理。 それ以外は2両編成で運行され、を行う。

弘南鉄道黒石線とは

南 黒石 弘 線 鉄道 南 黒石 弘 線 鉄道

黒石線を廻る前の前菜といったところか。 4 407 路線廃止 収入実績 黒石線の転換後の収入実績を下表に記す。 1912年(大正元年)に軽便鉄道として始まった旧国鉄黒石線が奥羽本線(五能線の起点)川部駅から弘南黒石駅の北方の黒石駅まで6. 右の白い建物は黒石線の検修所。

19
ホームは2200形導入により、長さ1両分がかさ上げされた程度 川部駅も同様 田んぼとリンゴ畑の真ん中で周辺の人家はまばらで、朝夕以外の乗降客はいたのかと思えるほどのロケーション? 黒石からこの線を利用する人は青森方面か五所川原方面以外にはいなかったのではなかろうか 当時の樽沢社長は黒石線を電化して循環線構想までぶち上げていた。 表中、収入の単位は千円。

弘南鉄道黒石線とは

南 黒石 弘 線 鉄道 南 黒石 弘 線 鉄道

6) 構内に展示されている8600形蒸気機関車は、2011年(平成23年)に鰺ヶ沢町役場から移設されたものです。 青森県内初の電化。 12:50 発 13:26 着• 弘南鉄道黒石線は元々は国鉄黒石線として大正元年に開業した奥羽本線川部駅~黒石駅間のわずか6.2㎞を結ぶ盲腸線であった。

活性化協議会は黒石線の今後の方針について、 弘南鉄道トップに最終的な結論を委ねることに決めて解散した。

弘南鉄道黒石線とは

南 黒石 弘 線 鉄道 南 黒石 弘 線 鉄道

なお現在、黒石~川部間のバスは5往復(土休日4往復)のみです。 2km となる 1986(昭和61)年4月1日 弘南川部駅を川部駅に、弘南黒石駅を黒石駅に改称 1988(昭和63)年8月1日 ワンマン運転開始 1998(平成10)年4月1日 全線 6. 弘南鉄道弘南線の歴史 弘南鉄道弘南線の歴史を簡単にお復習いします。

財政措置として期限付きで各種交付金・補助金が支給されたが運賃は値上げとなり、低減策として単線自動信号化・設置などの合理化を進め、収支増加策として列車本数の増加や特定の時間帯が割引運賃となる「特割ショッピング回数券」を発売したり、黒石駅舎を新築しの店舗を併設して集客を図った。

【終端駅 22】弘南鉄道弘南線 黒石駅

南 黒石 弘 線 鉄道 南 黒石 弘 線 鉄道

東急車輌とアメリカの車両メーカーバッド社との技術提携で製造された日本初のオールステンレス車両です。

12
転換後輸送量は減少し、転換時の約半分になった時点で廃止されている。 (国立国会図書館デジタルコレクション)• 利用状況 輸送実績 黒石線の転換後の輸送実績を下表に記す。

弘南鉄道弘南線

南 黒石 弘 線 鉄道 南 黒石 弘 線 鉄道

2km となる• 大鰐線も学校名の付く駅名が多かったのですが この弘南線も、どうもその様です。 運転士さんによると小坂鉄道からやってきたキハ2100形は冬期間、吹き荒れる津軽平野の風に立ち向かう力が弱く、到着 定時と行かないことが多かったそうな。

16
沿線は平坦な田園を走るありふれた風景で、途中駅も1つだけでした。 この点、同じく既存の純民間事業者のへ譲渡されながら、時刻表の掲載位置が他の第三セクターなどと同じと対照的な扱いであった(下北交通は大畑線が唯一の鉄道線だったため、他に路線のある弘南鉄道との事情の違いはある)。

廃線探索 弘南鉄道黒石線(歩鉄の達人)

南 黒石 弘 線 鉄道 南 黒石 弘 線 鉄道

交換可能駅:6(弘前、新里、館田、津軽尾上、田舎館、黒石) 歴史 [ ]• 1992年の「第三次黒石市総合開発計画 基本計画」で黒石市は目標として「黒石線の輸送力増強」を掲げていた。

5
陽も西に傾き、雲がピンク色に輝き始めています。