藤原 頼 長。 藤原氏(式家) - Reichsarchiv ~世界帝王事典~

藤原氏北家・長良流の系図

長 藤原 頼 長 藤原 頼

権大僧都。 延久4年9月30日(ユリウス暦:1072年11月12日)卒) 女子 (彰子。

3
1261-1265• 肥前守。 宝亀4 773 年生。

藤原師長とは

長 藤原 頼 長 藤原 頼

三会已講。 主題にした作品 [ ]• 長谷寺別当〔諸門跡譜〕。

14
従五位下) 女子 (贈正一位時姫〔公卿補任〕。

藤原氏北家・長良流の系図

長 藤原 頼 長 藤原 頼

従二位・権中納言。 謀反人の烙印を押された頼長は挙兵の正当性を得るため、を担ぐことを決意する。

織部正。 元永3年正月6日(ユリウス暦:1120年2月6日)叙従三位。

藤原頼通とは

長 藤原 頼 長 藤原 頼

1064-1075• 「流矢」、「秋の日影」 - (『定本花袋全集 27巻』収録、臨川書店)• 阿闍梨) 定兼 (正五下) 経覚 (房円。 仁安2 1167 年出家。

8
1262• 元年()に権中納言の職を辞し、翌年卒去。 権右中弁藤原光房室) 仁安2年2月11日(ユリウス暦:1167年3月4日)叙従三位。

藤原師長

長 藤原 頼 長 藤原 頼

左京権大夫。 近江守。 晩年は法成寺の建立することに心血を注ぎこみ、造営には資財と人力が注ぎ込まれ、諸国の受領は官へ納入を後回しにしても、の道長のために争ってこの造営事業に奉仕した。

10
天皇方は「これ日来の風聞、すでに露顕する所なり」(『兵範記』7月10日条)として武士を動員し、11日未明白河北殿へ夜襲をかける。

藤原頼通

長 藤原 頼 長 藤原 頼

1207-1221• 兵部少輔。

1690-1703• 僧都) 隆誉 (園城寺。 寛弘5年() 17歳 10月16日、に昇叙し、如元。