検察庁 法 改正 案 と は わかり やすく。 検察庁法改正案の内容を簡単にわかりやすく解説!署名の仕方についても

国民投票法改正案とは わかりやすく解説 問題点は?賛成?反対?|趣味のブログ

改正 わかり と やすく 法 検察庁 案 は 改正 わかり と やすく 法 検察庁 案 は

安倍政権にもいろいろ問題はあるでしょうが、それ以上に野党やマスコミがひどすぎて国民の敵としか思えなくなってきました。 したがって、これにより「15日までに採決!」と進めていた検察庁改正案の日程がリセットされてしまいました。 今回の「国民投票法改正案」は政府が目指す憲法改正へ一歩進むということです。

(詳しい解説は後ほど) 小泉今日子さんが、西郷輝彦さんが、きゃりーぱみゅぱみゅさんが、多くの芸能人の皆さんが検察庁法改正案に反対し始めた。 一律ならともかく、例外の延長があり、その決定権は「内閣」にある… そうなると、自分のポジションを延長したい人は、「内閣」に忖度(そんたく)するのでは?こう考えるのが自然ではないでしょうか。

検察庁法改正案の内容とは?わかりやすく簡単に動画で解説!問題点や抗議の理由はなぜ?

改正 わかり と やすく 法 検察庁 案 は 改正 わかり と やすく 法 検察庁 案 は

司法でも立法でもなく、行政組織です。

12
私自身は、今回の法改正そのものに問題があるとは思っていません。

検察庁法改正案について中学生でもわかりやすく教えてください ...

改正 わかり と やすく 法 検察庁 案 は 改正 わかり と やすく 法 検察庁 案 は

このように検察官は刑事司法運営の中核的機能を担っており、司法権に準じた役割・権限があります。 実はこの黒川検事長、週刊誌など一部メディアから「 安倍官邸の番犬」と言われるくらい安倍政権に重宝されています。 検事長は、全国に8箇所設置されている高等検察庁のトップであり、その下に全国50箇所に設置された地方検察庁と、さらにその下に設置されている区検察庁の職員を指揮監督しています。

7
この問題が解決するには時間がかかりそうですね。

検察庁法改正案。これの可決についてどういったメリット、デメリット...

改正 わかり と やすく 法 検察庁 案 は 改正 わかり と やすく 法 検察庁 案 は

ここまで書いた事を理解できている証拠でもあります。

11
って相当権力持っているんですかねぇ。

検察庁法改正案の本当の問題点を超わかりやすく解説!反対芸能人の一覧も!

改正 わかり と やすく 法 検察庁 案 は 改正 わかり と やすく 法 検察庁 案 は

というのも、検事総長・稲田伸夫氏(63)はの役職定年は、慣例に沿って7月の予定でした。 ただし、任命権者である 内閣は、〈認証官〉に対して、国公法81条の7の規定(国家公務員の65歳定年の延長を規定した条文)の読み替え(下記参照)によって、 内閣の定めによってその職のまま1年まで勤務させることができます(22条2項)。 なぜここまで世論を敵にしてしまったのでしょうか。

14
— 西郷輝彦 teruhikosaigo シンプルに反対されています。 このお金がどこから出ているかを考える方が自然ではないでしょうか? 海外と比べても公務員の定年延長は遅れをとっている? さて、公務員の定年延長の問題に話を戻します。

検察庁法改正案について中学生でもわかりやすく教えてください ...

改正 わかり と やすく 法 検察庁 案 は 改正 わかり と やすく 法 検察庁 案 は

したがって、現職の検事総長である稲田氏がやめない限り、あるいは定年に達しない限りは、黒川氏が検事総長になることはありません。 一方、黒川検事長は現在63歳で、在任期間は 2020年8月7日までです。 それを、法を改正することで、 『すべての国家公務員の定年を65歳に!!』 という事を実現しようとしているのです。

認められれば政府は検察トップに口を出すことができることになってしまうわけで批判も多く出ています。

検察庁法改正案とは?小学生にもわかりやすくシンプルに説明します。

改正 わかり と やすく 法 検察庁 案 は 改正 わかり と やすく 法 検察庁 案 は

これらが、「両方とも適用されない」と答弁した理由ですが、当時、もしかすると国家公務員よりも定年がすでに3年長かったので、定年後も仕事を続けられる「勤務延長制度」については、深く考えないで良かったのかもしれません。

2
検察庁法に対する騒ぎというだけではなく、 目くらましの為の騒動として考える必要もあると思います。

検察庁法改正法案とは?内容や問題点をわかりやすく紹介!

改正 わかり と やすく 法 検察庁 案 は 改正 わかり と やすく 法 検察庁 案 は

検事総長は65年に達した時に、その他の検察官は年齢が63歳に達した時に退官するとしています。 しかし、政府が、1月31日の閣議決定で黒川氏の定年は8月7日まで延長! としたので、稲田 検事総長の役職交代である7月に、黒川氏が検事総長を引き継ぐ可能性が出てきたということです。

駆け足となりました。