歌 ゆえに 命 を 失う こと。 『一握の砂』石川啄木のこれだけは読んでおきたい短歌代表作8首

『沙石集』歌ゆゑに命を失ふ事

命 を ゆえに こと 歌 失う 命 を ゆえに こと 歌 失う

恋すてふ わが名はまだき 立ちにけり 人知れずこそ 思ひそめしか 恋す=サ変動詞「恋す」の終止形。 【惜しくもあるかな】 「惜し」は(男が神罰を受けて命を落とすので)失うにしのびないという気持ちを表します。 もし、これにつけ加える者があれば、神は、この書に書いてある災害をその人に加えられる。

20
その後に言い送った) とあり、次にこの歌が掲載されています。

あなたたちのゆえに命を失うのを非常に恐れ、このことをいたしました。ヨシュア記9章24節

命 を ゆえに こと 歌 失う 命 を ゆえに こと 歌 失う

忠見はつらく思って、気持ちがふさがって、不食の病(=食欲不振)にかかってしまった。 それは啄木の短歌のことであると思います。

し=過去の助動詞「き」の連体形、接続は連用形 (忠見は、)「病気というのはほかでもない。 恋をしているという私のうわさは早くも立ってしまったことだ。

きょうの発心 御書

命 を ゆえに こと 歌 失う 命 を ゆえに こと 歌 失う

し=過去の助動詞「き」の連体形、接続は連用形 より=格助詞、(起点)~から、(手段・用法)~で、(経過点)~を通って、(即時:直前に連体形がきて)~するやいなや あなたの『ものや思ふと人の問ふまで』(という歌)に、ああと思って、呆然と驚いた時から、 胸ふさがりて、 かく重り 侍り ぬ。 東海の小島の磯の白砂に われ泣きぬれて 蟹とたわむる 現代語訳 東海の小島の磯の白砂に私は泣き濡れて蟹とたわむれる 「東海の」の歌の解釈と解説 「東海の小島の磯」は、函館の大森浜のイメージが根底にあるとされるが、実際の情景を詠んだものではないと論が別れている。

8
つまり、歌の中の「人」は啄木自身ともいえるだろう。 上の句の「身」と対比的に使われています。

沙石集『歌ゆえに命を失ふ事』で.兼盛の詠んだ和歌の方が勝ちま...

命 を ゆえに こと 歌 失う 命 を ゆえに こと 歌 失う

御歌合のとき、名歌をよむことができたと思っておりましたのに、あなたの『ものや思ふと人の問ふまで』(の歌)にあれまぁとおもって、驚きあきれたと思ったことから、気分がふさいで、このように(病気が)重くなったのです。 物思いをしているのかと人が尋ねるほどまで。 さて、すでに御前にて講じて、判ぜられけるに、兼盛が歌に、 そうして、すでに(天皇の)御前で読み上げて、判定なさった時に、兼盛の歌に(出された歌は)、 つつめども 色に出でにけり わが恋は ものや思ふと 人の問ふまで 隠していたけれども、私の恋は顔色に出てしまったのことだ。

15
この歌は読みようによっては、いろいろな情念を感じさせる歌です。

どんなに汚くてもこの水を飲むしかない…。

命 を ゆえに こと 歌 失う 命 を ゆえに こと 歌 失う

日本の皆さまのあたたかいご支援のもと、日本ユニセフ協会からユニセフ本部への拠出額は毎年、世界34のユニセフ協会(国内委員会)の中でトップレベルを維持しています。 忠見心憂く覚えて、心ふさがりて、不食の病つきてけり。

15
回復することがなさそうだという話を聞いて、兼盛が見舞いに行ったところ、 (忠見は)「特別な病気ではありません。 全体で「自分自身のことは何とも思わない」という意味。

人を恋うる歌

命 を ゆえに こと 歌 失う 命 を ゆえに こと 歌 失う

よみいづ 詠みいだす。 判者たちは、(両方とも)優れた歌だったので、判定に困って、 天気 をうかがひ けるに、帝、忠見が歌を ば、両三度御詠あり けり。

4
「ず」は打消しの助動詞の終止形。 負けた忠見は落胆のあまり食欲を失って病床に伏し、ついに死んでしまった。

沙石集『歌ゆゑに命を失ふ事』解説・品詞分解

命 を ゆえに こと 歌 失う 命 を ゆえに こと 歌 失う

以前は前者のようななよなよした情念を感じさせる解釈が主体でしたが、今風の女性なら後者の方が気持ちがいいでしょう。

15
尊い生命を仏法のため、広宣流布のために使っていきなさいと教えられています。

沙石集「歌ゆえに命を失う事」原文と現代語訳・解説・問題|鎌倉の仏教説話集

命 を ゆえに こと 歌 失う 命 を ゆえに こと 歌 失う

「る・らる」には「受身・尊敬・自発・可能」の4つの意味がある。 わづらひ=ハ行四段動詞「煩ふ(わづらふ)」の連用形、苦しむ、悩む。 おぼえ=ヤ行下二動詞「思ゆ・覚ゆ(おぼゆ)」の連用形、自然に思われる、感じる、思われる。

3
その他については下記の関連記事をご覧下さい。

どんなに汚くてもこの水を飲むしかない…。

命 を ゆえに こと 歌 失う 命 を ゆえに こと 歌 失う

啄木自身の恋愛について言うと、節子夫人とは学生の時に知り合い、相思相愛となりそのまま結婚となった。

2
本来の結びは「よしなけれ」の部分であるが、接続助詞「ども」が来ているため、結びの部分が消滅してしまっている(=文末ではなくなっている)。 ぬ=完了の助動詞「ぬ」の終止形、接続は連用形 みまかり=ラ行四段動詞「身罷る(みまかる)」の連用形、あの世へ行く、亡くなる、死ぬ。