先ず 隗 より 始めよ 現代 語 訳。 先づ隗より始めよ 十八史略 漢文 i think; therefore i am!

『十八史略』「先づ隗より始めよ」の書き下しと現代語訳と重要表現の解説1

隗 より 語 現代 訳 始めよ 先ず 隗 より 語 現代 訳 始めよ 先ず

また、文末の「哉」(や)は、感動を表す助字。 意味は「非常に・よく」。

9
士 名詞。

先従隗始 現代語訳・書き下し文・読み方

隗 より 語 現代 訳 始めよ 先ず 隗 より 語 現代 訳 始めよ 先ず

戦死者を弔い生存者を見舞い、言葉づかいを丁寧にし、礼物を手厚くして、優れた人物を呼び寄せた。 涓人曰 ハク、『死馬 スラ且 ツ買 レ フ之 ヲ。 せんせいか なるもの をしめ せ。

8
・ A且~、況B乎 … Aでさえ~、ましてBはなおさらだ 読み「Aスラかツ~、いはンヤBヲや」(抑揚) 側に仕える者が言うには、『死んだ馬でさえ買うのです、まして生きている馬なら、なおさらです。 側に仕える者が言いました、『死んだ馬でさえ買うのです、まして生きている馬なら、なおさらでしょう。

「隗より始めよ」の由来となった物語 【意味・例文・年表・歴史地図】

隗 より 語 現代 訳 始めよ 先ず 隗 より 語 現代 訳 始めよ 先ず

【類義】 - 【対義】 - 【英語】 Practice what you preach. 読みは「い(はく)」。 で結局、亜卿とは卿に次ぐ官ということで、けっこう高官である。 これが昭王(しょうおう)である。

19
太子平 昭王 の父親噲王は乗せられ、宰相の子之に禅譲してしまった。 先 従隗始 まず隗 より始めよ 「従」は「より」と読む助字であり、「〜から」と訳す。

『十八史略』「先づ隗より始めよ」の書き下しと現代語訳と重要表現の解説1

隗 より 語 現代 訳 始めよ 先ず 隗 より 語 現代 訳 始めよ 先ず

わたくしのようなものさえ抜擢 (ばってき)してくれるという評判がたてば、もっとすぐれた人間は、千里の道のりを遠しとせず、集まってくるにきまっています。 於是士争趨燕。 」のような意味。

8
読みは「の」。 隗より始めよで、提案をした自分から、まず企画案を書き始めたいと思います。

『先従隗始(先づ隗より始めよ)』原文・書き下し文・現代語訳

隗 より 語 現代 訳 始めよ 先ず 隗 より 語 現代 訳 始めよ 先ず

郭隗はこの話を昭王にして、次のように言った。 問 ヒ 動詞。

10
【ことわざ】 先ず隗より始めよ 【読み方】 まずかいよりはじめよ 【意味】 遠大な事業を成し遂げるためには、まず手近なところから始めるということ。

【隗より始めよ】燕・昭王の復讐劇

隗 より 語 現代 訳 始めよ 先ず 隗 より 語 現代 訳 始めよ 先ず

英語では「start from small things」 「隗より始めよ」を英語に訳すなら「身近なことや小さなことから始めよ」という意味で「start from small things」が最も使われる表現と言えます。

1
誠 ニ得 二 テ賢士 一 ヲ、与 ニ共 レ ニシ国 ヲ、以 テ雪 二 ガンコト先王之恥 一 ヲ、孤之願 ヒ也。

先ず隗より始めよ

隗 より 語 現代 訳 始めよ 先ず 隗 より 語 現代 訳 始めよ 先ず

こいつはマジで強い! 燕の国はぐんぐんと力を増していきます。

1
意味は「多くする」。