知覚 力 を 磨く。 なぜ「独学者ダ・ヴィンチ」は、圧倒的な業績を残せたのか?

知覚力のプロが語る「周りに流されるだけの人」と「自分なりの意見が持てる人」の決定的な違い

を 知覚 磨く 力 を 知覚 磨く 力

本書に登場するあらゆる人物(著者を含む)がそもそも超エリートばかりだったので、私のような凡人がトレーニングをしたところで、後天的に身につくような力なのか?という疑問もあるが、自主練をするだけでも物の見方に変化を起こせるということならかなり面白い話だと思う。 「なぜある星は、ほかの星よりもキラキラしているのだろうか?」 「なぜ眠っているときに見る夢のほうが、起きて見る空想よりも鮮明なのだろうか?」 (74ページより) こうした純粋な疑問こそが、ダ・ヴィンチの知覚の源泉なのでしょう。

6
『 知覚力を磨く 絵画を観察するように世界を見る技法』(神田房枝 著、ダイヤモンド社)の著者は、法人教育コンサルタント/美術史学者。

楽天ブックス: 知覚力を磨く

を 知覚 磨く 力 を 知覚 磨く 力

これまでアート思考の入門本を何冊か読んでなお 、自分はアートに苦手意識がある。 ネガティビティバイアス ポジティブなことよりネガティブなことに影響される。 19:00~19:15 イントロダクション ー知覚力とは 19:15~20:15 絵画を使ったビジネス知覚力実践トレーニング ー組織的観察 20:15~20:30 質疑応答 *プログラムは変更の可能性がございます 【登壇者プロフィール】 美術史学者/法人教育コンサルタント/ダヴィンチ研究所ディレクター 神田 房枝(かんだ・ふさえ)氏 埼玉県さいたま市出身。

この能力を磨くためには4つの方法がある。 知覚は知識と影響しあいます。

mrb.online-ap1.com:Customer Reviews: 知覚力を磨く 絵画を観察するように世界を見る技法

を 知覚 磨く 力 を 知覚 磨く 力

知覚力とは、自分を取り巻く世界の情報を既存の知識と統合しながら解釈する力です。 眼の前の情報を受容しながら解釈を施し(〈 1 〉知覚)、それに対して問題解決や意思決定をしたうえで(〈 2 〉思考)、実際のコミュニケーションやパフォーマンスに落とし込んでいく(〈 3 〉実行)。

15
ビジネスパーソンにとっては、従来のように時間やリソースを十分にかけた、思考や意思決定が困難な場面が多々あります。 「The Salon」はその言葉の由来通り、かつて宮廷や貴族の邸宅を舞台にした社交界であり、文化人、学者、作家らを招き、知的な会話を楽しむ場であったように、ビジネスパーソンが「知性を磨く場」として、第一線で活躍する「知の巨人」たちをスピーカーに迎え、「しなやかな知性」を刺激するイベントを開催していきます。

『知覚力を磨く』刊行記念セミナー /名画で鍛える「ビジネス知覚力」トレーニング|EventRegist(イベントレジスト)

を 知覚 磨く 力 を 知覚 磨く 力

絵を見ることは大好きだから、これからはこの方法で絵や画集を見てみよう。

14
もちろんこの本を読むだけでなく、絵を観察して、飾ってみることをお薦めします。

本当に優秀な人は「考える力」よりも「見る力」で差をつけている

を 知覚 磨く 力 を 知覚 磨く 力

「思考力」だけで帳尻を合わせられる時代は、もはや終わろうとしています。

5
在学中にニューヨーク・メトロポリタン美術館でキュレーターアシスタントを務める。 なぜなら 彼のノートには、• 「どこに眼を向けて、何を感じるのか? 2 「観察眼」で解像度をつくる 発想の起点となる観察力を鍛え、イメージと対話し世界を見抜く解像度を上げることで、アイディアの幅を広げる。

うまくいく人・いかない人を決める「思考以前」の要素とは?――イェール、ハーバードで学んだ美術史学者が語る

を 知覚 磨く 力 を 知覚 磨く 力

ビジネスの質を高めるため、また、視野を広げるためにも役立つ良書だといえます。 彼自身も 「コンスタントに観察して、書き留めて、考えることは役立つ」と語っていたそうで、実際、外出するときは常にベルトから紙をぶら下げ、いつでも世界を克明に観察しようと備えていたといいます。 山口周さんの書籍から次に読む物として大変お勧めです。

14
埼玉県さいたま市出身。

ダ・ヴィンチの好奇心ノートに学ぶ「知覚力」の重要性と磨き方

を 知覚 磨く 力 を 知覚 磨く 力

見ること観察することの大事さ。 その力を高めるための「科学的な理論」と「具体的なトレーニング方法」を解説した画期的な一冊が刊行された。 また、 「知覚力」 は創造性やイノベーションにも繋がる能力であることが最新の脳科学研究で分かってきています。

16
Zoom接続トラブルに関しても、サポート対象外とさせて頂きます。

書籍『知覚力を磨く』が出版されます

を 知覚 磨く 力 を 知覚 磨く 力

一方、ストープの知覚は違いました。 そこで、思考の前提となる認知、すなわち知覚がものをいうのです。 よく知られているようにダ・ヴィンチは、多くの分野を横断しつつ、多彩な知識を集めています。

7
イベントを通じて 「知覚力」 を磨いて「見えないもの」を観る術を学び、他者・他社とは一味違う意思決定や問題解決、イノベーションにつなげてみてはいかがでしょうか。 タイトルにあるような"絵画を通して知覚力を磨く"というコンセプトにしてはかなり薄い内容であると感じました。