ホワイト 企業 500。 国の太鼓判付き「ホワイト企業」 電機・機械・自動車メーカーで認定されたのは?

ホワイト500とは?健康経営優良法人の認定基準と企業のメリット

500 ホワイト 企業 500 ホワイト 企業

国としては従業員の健康に配慮する優良企業にインセンティブを与えることによって、健康に働き続けられる企業を増やし、医療費など社会保障費の増大を抑えるという狙いがあります。

【参照】 ホワイト500は企業努力の証明の一つ 少子高齢化の進行によって、労働人口が減少している昨今では、労働力の確保と社内総生産の向上が課題となっています。

国の太鼓判付き「ホワイト企業」 電機・機械・自動車メーカーで認定されたのは?

500 ホワイト 企業 500 ホワイト 企業

「さらに売上を出し、会社を成長させたい」とお考えの経営者・人事の方は、今回の内容を参考に、ホワイト500への認定を目指してみてはいかがでしょう。

19
ホワイト500の2つの認定基準 続いて、ホワイト500の認定基準について見ていきましょう。 健康増進・過重労働防止の計画• 1.ホワイト500とは? ホワイト500とは 経済産業省が2016年に創設した認定制度「健康経営優良法人」のうち、規模の大きい企業や医療法人を対象とした大規模法人部門の認定法人を指す通称のこと。

ホワイト500とは?健康経営優良法人の認定基準と企業のメリット

500 ホワイト 企業 500 ホワイト 企業

健康経営度調査の入手方法や提出方法などは以下をご参照ください。 その際、保険者と連名の形になります。 社員食堂などを用意することができない小規模事業所などでは有用なサービスといえます。

5
4年連続で選ばれたテルモは、17年に設置した健康経営推進チームを中心に、健康保険組合と連携した取り組みを実施。 健康経営優良法人認定制度 健康経営優良法人認定制度とは、健康経営に熱心な企業を国(経済産業省)が顕彰する制度です。

「健康経営優良法人2020」認定法人が認定されました! (METI/経済産業省)

500 ホワイト 企業 500 ホワイト 企業

したがって、 従業員の健康保持・増進を促し、問題があれば速やかに発見し対応できるような仕組み作りが企業の生産性向上において重要となるのです。

10
ハイジは、無料でアンケートの実施や回答の収集・分析を行っていただけますので、ぜひ、ホワイト500・健康経営優良法人の認定を目指す取り組みにご活用ください。 福利厚生に力を注いでいる会社は離職率も低くなる傾向にあります。

【2020年版】ホワイト500とは?健康経営優良法人の認定基準・認定企業一覧を紹介

500 ホワイト 企業 500 ホワイト 企業

これにより取引先や顧客に対して容易かつ信頼性をもって健康経営を実践していることがPRでき、良好な関係の構築に一役買うことができるでしょう。 ポイント:健康経営優良法人の基本情報• たとえ、「健康経営優良法人」という言葉自体を相手が知らなかったとしても、その意味と意義の説明さえしっかりと行えば、その魅力を伝えることは十分可能です。 しかし、健康経営優良法人2020(大規模法人部門)においては相対評価である50%ルールがなくなり、健康経営優良法人(大規模法人部門)認定法人の中で、健康経営度調査結果の上位500法人のみを通称「ホワイト500」として認定することになりました。

3
また、特に重要な「3.制度・施策実行」のカテゴリーにおいては、中小規模法人の方がクリアすべき項目数が少なく、中小企業の実情に配慮するとともに、企業独白の取り組みが評価されやすくなっています。

ホワイト500(健康経営優良法人)の認定条件や2020の変更点などを紹介|@人事業務ガイド

500 ホワイト 企業 500 ホワイト 企業

卸売業:101人以上• さらに、就職や転職を考えている求職者にとっては、ホワイト500の認定企業であることは働きやすさを判断する指標のひとつとして分かりやすいアイコンとなるため、優秀な人材の獲得も期待できるでしょう。 借金はどのくらいか がおおよそ見当つきます。 定期健診の実施、保険者による特定健康診査・特定保健指導の実施、50人以上の事業場におけるストレスチェックの実施、従業員の健康管理に関連する法令について重大な違反をしていないことが必須項目です。

18
それがさらに生産性の低下を伴う悪循環に陥ることも十分考えられます。 地質調査、土木設計が中心。

「ホワイト500」とは?

500 ホワイト 企業 500 ホワイト 企業

健康経営優良法人認定制度に定められた一定の基準を満たす まず、前提として「健康経営優良法人認定制度」に定められた基準を満たす必要があります。

4
この調査は回答用紙が数十ページに及ぶものであり、決して片手間で対応できるものではありません。