豊作 計画。 稲作にトヨタ流・生産管理手法を導入

トヨタが“カイゼン”で農業を支援――農業ITツール「豊作計画」を開発

計画 豊作 計画 豊作

「小さい水田も多いので、場所を地図上で把握しにくく、しかも紙の地図では境界がはっきりしないという欠点がありました。 農業において生産性を高めるには、インプットにあたる人件費や肥料などの資材費、設備投資の無駄を無くしていくことが大切です。 そこで、喜多氏らは水田の地図や作業管理をシステム化することにした。

11
鍋田町の「鍋」と八木の「八」を合わせて鍋八農産です。 ボルト等細かい整備用部材置き場. その結果、現場やオフィスの環境や仕事内容・方法が日々改善されて、農業法人として『ずんずん 前進』しています。

トヨタが“カイゼン”で農業を支援――農業ITツール「豊作計画」を開発

計画 豊作 計画 豊作

このような被害が広がってしまうと、農園にとって大きな損失を負ってしまう。 今回、農業経営体からの要請に基づき、米作だけでなく、露地野菜やハウス栽培等に幅広く適用できるよう、適応品目を野菜・果樹・畜産などにも拡大。

1
*2:通常数回に分けて収穫する品目を一度に収穫する場合もあるため、品目で一律に分類するわけではなく、ニーズに合わせて最適なサービスを提供する。 トヨタは既に2014年4月から農林水産省主催の「先端モデル農業確立実証事業」に参画し、愛知県と石川県の米生産農業法人9社および石川県と共同でコンソーシアム「米づくりカイゼンネットワーク」を立ち上げ、豊作計画を提供している。

トヨタが“カイゼン”で農業を支援――農業ITツール「豊作計画」を開発

計画 豊作 計画 豊作

*3:施設栽培にのみ対応。

4
たい肥などを利用した土づくり• このタイプAに加え、野菜や果樹、畜産、林業といった幅広い作物を対象に、受注、生育、出荷、人員管理などもシステム化して管理できるタイプB、タイプAとBのいずれの品目にも対応するタイプCを提供する。

トヨタ自動車、農業IT管理ツール「豊作計画」を開発 米生産農業法人の稲作を側面支援

計画 豊作 計画 豊作

2012年より実施した2年間の試行の結果、作業工数・ミスの低減や資材費削減、経営管理レベルの向上などに大きな成果が認められたことから、今回正式に提供を開始した。

14
イカリファーム小集団活動• 弥富市農政推進協議会 委員• 繁忙期の故障を未然に防止し、機械のランニングコストを低減。 それが、「豊作計画」というソリューションである。

稲作にトヨタ流・生産管理手法を導入

計画 豊作 計画 豊作

豊作計画を利用する様子。 また、受注・人員・生産・出荷・在庫の一連の情報を一元管理する新機能(*1)を追加した。

15
回避可能な機械の故障は、まったく発生しなくなりました。

農業IT管理ツール「豊作計画」を刷新【トヨタ自動車】

計画 豊作 計画 豊作

営農課の佐藤 元さん 原因を分析すると、「収穫前の落水作業が完結していない」「機械トラブルの頻発」の2つが大きく影響していることが判明。

10
効率的に作業を進めることによってできた時間は作業改善などに使いさらにいいお米を作る活動をしています。

農業に「トヨタ生産方式」を 管理ツールを刷新

計画 豊作 計画 豊作

・受注・出荷・生育・在庫・人員(パート社員・従業員)にもとづく計画立案が可能。

7
無駄はルーティーンになりがちな作業工程の中に潜んでいるもの。 作業の意味づけを徹底したり、入力方法のルールも設定し、従業員が取り組みやすい環境を整備しました。